仮面ライダーや特撮ヒーローで燃えに萌えるブログ!只今NEWSとテゴマスの増田貴久クンにも夢中

轟轟戦隊ボウケンジャー 火竜のウロコ 

今回は、知的冒険!
男のロマン溢れる、良い御話でしたv





東映公式「轟轟戦隊ボウケンジャー」
テレビ朝日公式「轟轟戦隊ボウケンジャー」



チーフと作家さんとリュウオーンの御話。
小説通りに進む事件と絡めながら、チーフの冒険を愛する根っこの部分と
作家さんの憂いと希望、リュウオーンの野望(?)やら過去やらが垣間見えた今回の物語。
男の子の夢とか、望みとか、そーゆー熱い気持ちが感じられました!!
男のロマンを感じたね!
や。チーフに感情移入して見るとだよ?!



ドラゴンを生み出したいと願う男の手記を読み、その男に共感し、
一度は置いた筆を再度握る作家。 
片や
少年の頃、貪り読んだ冒険作家の最新作を読み耽るチーフ。
ファンタジーの世界へ身を浸す心地好さと高揚感。
その小説が現実となる! まさに冒険ミステリー! 
チーフの知的冒険が始まった!
大ファンだった作家に会いに行くチーフ。
サインをくれるという作家 。 暗に帰れと匂わせているのにも関わらず
本気で喜ぶチーフ!(表情、見ました?穢れのない少年の笑みでしたよチーフ)
基地に帰れば「火竜の鱗」の話もまた小説と同じで!



そんな感じで、小説が現実になっていくことを不思議に思いつつも
最悪の展開からは回避させるボウケンジャー。
冒険王者(ボウケンジャー)の活躍を目の当たりにして、
ヒーローへの憧れと期待を取り戻す作家さん。
そしてチーフだって
「貴方の小説を読んで、英雄を目指した子供が俺だ!このボウケンレッドだぁっ!」
なんて事は言わなかったけど、そんな感じに、卵が先か鶏が先かみたいな(ナンノコッチャ)
一石二鳥みたいな(ソレも違う) 
「冒険」という男のロマンをチーフに植え付けた作家と、そのロマンを実践中のチーフが
身をもって作家に「男のロマン最高ー!」と讃えている。そんなハッピーエンドv


でも
この物語のきっかけとなった「ドラゴンを生む」という壮大な男のロマンは
100年以上の時を経て、チーフのロマンに打ち砕かれちゃいました。
手記を燃やすリュウオーンの背中に哀愁が漂っていましたが
あの手記は誰が書いたものなのか…。


もしリュウオーンだとしたら
リュウオーンのロマンはドラゴンを生み出し世界を壊すことだった…
ってことで、物語が綺麗にまとまるのに(^^)
いずれ、リュウオーンの経歴も描いてくれるでしょうか?
竜人兵を躊躇いなく殺すリュウオーン。 自分以外の生命は憎いのでしょうか。
なにか悲惨な過去があったりするのかも。
森田順平サンが声をあててるところからして、んもぅウルザード的な意図を感じる。
チーフのブログにわざわざ「手記は謎」と書いてあるトコロからも
なんか怪しい。




わー!長くなっちゃった!
んじゃ、キャストの感想~~!



明石暁:高橋光臣サン→ブログ


チーフってば、月刊の小説誌を購入して読んでいるような少年だったんだv
冒険物語の空想に浸ってワクワクハラハラしていたんだろうな~と思うと
グっと親近感アップ!
小説を読んでいると周りの声や音が聞こえなくなっちゃうトコロにも
親近感!親近感!
私も本を読み始めると、周りや時間の感覚が無くなっちゃうタイプ!


成熟した大人のレッドかと思いきや
最近はチーフが少年の心を持ってる大人に描かれていますねv
それはそれで良し。
冒険するには子供心が無いとねv



●伊能真墨:齋藤ヤスカサン →ブログ
先週は「呪い」に怯えていたくせに、小説が事実になるなんて馬鹿馬鹿しいと
チーフの考えを全面否定。
うーん。この子には全然別の「明石像(不滅の牙)」イメージが出来上がってるみたいで、
まだ、生身の明石を解ってないようなフシがあるv
買いかぶったり、侮ったり。
未熟で可愛いなぁー真墨クン~。




最上蒼太:三上真史サン  →ブログ
やっぱり今回も説明要因。



西堀さくら:末永遥チャン
ミスせずに、的確にミッションを遂行できるのは、この人なんだろうなぁー。




間宮菜月:中村知世チャン →ブログ
また。この可愛い子チャンはブルーの背後に回って庇って貰ってたー。




アクション
デュアル・クラッシャーがいい!玩具が欲しい!



マシン
やっぱり生コンを吹きかけるんだ~~
スコップで砂をすくってミキサーに入れるところには大笑いー!




エピローグで、確信を突いたような菜月を突き飛ばす真墨。
「オイオイ」ってな具合に、真墨を軽く突き飛ばす蒼太。
「お前もだーー!」と、
蒼太を突き飛ばして一目散に逃げるチーフ!チーフを追う蒼太!
チーフ!チーフ!何してンのっ?! ヤンチャ坊主なのっ?
チーフがハッチャケちゃったよーーーーー!!!
可愛いーー






来週は「フェイク・ブルー」!
嘘!
ブルーファンの皆さん~~、楽しみですね~vvv

[ 2006/04/04 16:13 ] 轟轟戦隊ボウケンジャー | TB(3) | コメント(2)

[タグ未指定]

轟轟戦隊ボウケンジャー 呪いの霧 

轟轟戦隊ボウケンジャー! 
「来たれ!ゴードム!」 冒険男性陣を勧誘するガシャ様がおかしかった!




東映公式「轟轟戦隊ボウケンジャー」
テレビ朝日公式「轟轟戦隊ボウケンジャー」





「なぜ俺を…なぜ俺ばかり追いかける! やっぱり俺が…
  悪い子だからニャッの?! (ここ捏造)」

呪いに怯える真墨が可愛かったですねー。
今までトレジャーハントの名目で行ってきた「墓あばき」。
「…いや、似たようなことはタップリやってきた…俺が呪われてもおかしくないか…」
一応、悪い行為だと認めてるんですね。
今まで自分がしてきた「墓あばき」は
神聖な墓所に土足で踏み込んで死者の魂を汚す行為だったと
悔いたのでしょうか、真墨サン。
迫り来る大魔神を前に、一瞬、諦めの表情を見せました。真墨。
オイオイ駄目だヨォ。そんな顔しちゃあ。カッコウの餌食にゲフンゲフン。
大魔神に捕まるかと思いきや!そこへ助けに来る真墨のヒーロー!チーフ!
「あかし!」声も裏返ってて、弱弱しさ全開。
すかさず助け起こすブルー。なんかブルーはフォローに入るシーンが多いような気がする。
でも唐突に助けに飛び込んで来るのは毎回レッド!
そうだ今度暇なときにブルーが誰かを助け起こす数をカウントしてみようっと。



そしてその後のレッドとブルーのアクションが凄い!
ワイヤーアクションで飛ぶ!飛ぶ!空中で回る回る!
雑木にぶつかる!ぶつかる!
互いにフォローしながら戦う二人!
ブルーが転べばレッドがすかさず「大丈夫かっ?」
レッドが転べばブルーがすかさず「大丈夫?」
その後のブルーとブラックのアクションも凄かった!飛んで廻った!



女の子同士の脱出作戦も面白かったv
ケンカの真似も、今までのイエローとピンクの間柄だからこそ
面白く見れたよね~~vv
それにしても、菜月チャンの唇は凄いパワーがあるんだなぁ(笑)
唇に挟んだボウケンチップを ペッ!ってして
アクセルラーを弾き飛ばすんだから!うっかりキスも出来ないゾ。






明石暁:高橋光臣サン→ブログ
真墨の扱いはチョロイ! と、思ってると思う。チーフ。
ガジャ様に襲われて蹲っていたピンクの腕を掴んで少々乱暴に助け起こすシーンといい、
イエローが腕を絡ませてきたときもビクともドキンともしなかったところといい、
秋波には動じない硬派なキャラなんだろうねv
熱くなれるのは自分が切り開く冒険だけかーーーー


「禍福は糾える縄の如し」幸せと不幸はより合わせた縄のように表裏一体で あるということ。 だそう。
いいですね!ことわざ!デカレッドの四文字熟語みたいに恒例になるといいな~v




●伊能真墨:齋藤ヤスカサン →ブログ
はねっかえり真墨クンだけど、呪いとか非現実なものは怖いらしい。可愛いな。




最上蒼太:三上真史サン  →ブログ
うん!今回もエアリーな感じがグー!
「よっ」とか「ふ~ん」とか、肩の力が抜けたサバサバ感がいいね!
風のように軽やかな蒼太v アクションも宙を意識して飛んだり宙返りしたりv
情報通ということで、説明役はだいたい蒼太。
スルリと近寄って、説明したり、からかったり、いなしたり、
合いの手とかチャチャを入れる役どころ~~。
今はまだサポート役に甘んじてるけど、サポート役だったからこそ引き立つ
感動的でカッコイイ話が来る!と、思いたいv
ラストのエピローグで、オヤジ臭いチーフを笑う蒼太が可愛かったーーー
ピョンコラ飛び跳ねてる~~~vvvv




西堀さくら:末永遥チャン
菜月チャンに「名前で呼んでくれた~。嬉しいv」と言われて、
困惑しつつ照れているピンクがとっても可愛かった。
イエローの「チーフが助けてくれたんだもんv」と腕を絡ませるシーンのあと
すかさずチーフの背後に寄るピンクvvv
奥ゆかしくて大好きだ!!!ピンク!
前回のエピソードを踏まえて、
さくらサンの表情も豊富になった!グっと魅力的~~!!




間宮菜月:中村知世チャン →ブログ
今回もイエローは助け出されていた!ピンクに!
大魔神がでっかくなって、脱出するとき!
この子はこれでいいの?メンバーに助けられるキャラなの?実質、足手まとい。
脱出したときの着地。イエローの転び方がっ!コローン!って!脚!脚が!
そのあと、レッドにしなだれかかる仕草は女の嫌なところ…(^^;)




マシン
あらたに2機が参戦!
ブンブン振り回して、ぶん投げて、くしざしーー!
こわーーー!
来週のミキサーはどうなるんだっ?!
生コンを吹きかけけて、固めて捨てるテンプル?




大魔神。えっと?何を守るために作られたンだっけ?
かつてソコに住んでいた住民を守るため?
反逆を起こした武将の首は?
伝説だったということで、武将の首は関係ないの??
ガジャ様にテイよく使われちゃっただけ?




わ!こんなに長くなっちゃったーー
来週も楽しみ~~v




[ 2006/03/26 17:43 ] 轟轟戦隊ボウケンジャー | TB(2) | コメント(0)

[タグ未指定]

轟轟戦隊ボウケンジャーTask.5 帝国の真珠 

冒険大好き!
だけど探検隊みたいな話はなかなか無いのねボウケンジャー!
ジャングル探検とか王の墓荒らしとか、徳川埋蔵金探しとか
そーゆーのが見たいと思うのボウケンジャー…




東映公式「轟轟戦隊ボウケンジャー」
テレビ朝日公式「轟轟戦隊ボウケンジャー」




やっぱり、キメが荒いと思いますボウケンジャー。
さくら姐さんの話は私的にはツボに入って概ね良かったけど、
それは私が公式のキャラクター紹介ページを見て
予めさくらさんのキャラを自分の中で膨らませていたから で。
元自衛官で戦闘のエリート。
機械に聡く射撃上手、いつも冷静で任務には忠実という設定を踏まえたうえで、
たかだか子供相手に右往左往するってのが面白いとこで
そのギャップが可愛く見えるンだけど~。
今までのエピソードの中で、さくら=優秀っていうことがもっと強調されてたら
もっと面白かったと思うんだけど~~。
できれば、2話に分けてキメ細かく撮って欲しかったな~~。
さくらさんの有能っぷりをキチンと知らしめてから
やるエピソードだったような気がするな~。
蒼太が過去を語っちゃう回も荒いと思ったけどーー。



そんな感じで、私が心地好く感じるドラマのテンポとは微妙に違うボウケンジャー!
でもでも、タイヤキを「ハムッ!」って頬張るサクラや、水面で笑顔の練習するサクラや
子供相手に ですます調のサクラ、風のハルカとのキャットファイト(嘘嘘)
本当に可愛かった~~vvv


チーフも単独でコッソリ出てきて さり気なくフォローに入ったりして
粋な上司だなぁ~。


くのいち風のハルカの変化っぷりも面白いトコロなんでしょう。
でもなー。なんだかなー。声がなー。
一応ドスを聞かせて低い声で喋ってるンだけど、
ただ乱暴に喋ってるだけって感じがしましたー。


んー。菜月がああいうロリ系キャラだから
ハルカはギャル系のキャラじゃないほうが良かったんじゃないかな~
キャラクターの個性を際立たせるために、ここは やっぱり
お色気チャンが欲しいよね!
コミカルな役どころの、お色気チャンv
お色気チャンだけど、清楚なセーラー服だって、爆裂!女教師だって
なんだって似合っちゃう!みたいな(笑)






あとちょっと思ったんだけど
轟轟ショベルはブルーだから蒼太の乗り物だと思ってた!
誰が乗ってもいいんだねー。
そうかそうか。


[ 2006/03/22 15:00 ] 轟轟戦隊ボウケンジャー | TB(3) | コメント(0)

[タグ未指定]

ボウケンジャー 

今回も蜂須賀サンイエローが素晴らしく可愛い動きをしてらっしゃいましたね!
そうそう!ボウケンジャーって
♪君たち女の子♪僕たち男の子♪ヘイヘイ☆ってな感じで
女性隊員が女性らしい仕草をし、男性隊員は紳士的に描かれているので
なんか、いいです。キューン
微妙に男女均等っぽくない描き方はアレですか、少子化対策ですか?




東映公式「轟轟戦隊ボウケンジャー」
テレビ朝日公式「轟轟戦隊ボウケンジャー」



チーフの過去が明らかになった今回のストーリー。
仲間を失い、自分独りだけ生き残ってしまった過去を持つ明石。
夢に魘されるチーフに自分の上着をかけてあげるピンク!
ぐわ!キた!
ここ、グっとキました。ベタだけど、なんか、イイ
チーフの心の傷を解ってて、その上でチーフの身体を労わり
黙ってソっと上着をかける、そんなピンクの奥ゆかしさが
とてもイイ!
そんなピンクに、黙って上着を返す明石の表情も絶品だった!
ジャリュウ一族のヤツと一騎打ちするレッドもかっこよかったー!
悲壮感漂ってた。


氷の中でチーフの助けを待ってるボウケンの面々も可愛かった。
そしてここでもピンクの「コルト55」が私のツボにはまった!
元自衛官なだけに武器の名前が出ちゃうってキャラv
しりとり。ブラックは「カラス」で、黒。
ブルーは「スキヤキ」って、食いしん坊キャラですか?
イエロっちは「金!…金のシャチホコ!」って御約束のようにボケつつ
それでいてイエローっぽい金を選んでいるトコロもヨイv
膝小僧抱えて丸まって
膝を擦って寒さを凌いでいる体勢も可愛かったーーー!


そしてそして、蜂須賀イエローのリアクションが可愛くて可愛くて!!
吹き飛ばされてコロコロ転がった後、
足がピョコーって上がっててコミカルで可愛い!
勝利したあとのリアクションもいつも可愛い!
「大丈夫v」のブイサインも可愛かったv



声の指令の「声」の演技が面白かったv
天気予報のアナウンサーっぽい喋り方から
コミカルで軽い感じの声色へ変化するのも面白かったし
「仲間達を見殺しにセヨ」という非常な指令を出すときの声色も
シリアスな声色でよかったなー。使い分けしてるのが。


アクション
リュウオウとレッドの一騎打ちがかっこよかった!
リュウオウにヤラれて吹っ飛びつつも銃で反撃するレッドも素敵だった~v
あと
イエローとブラックのコンビ技みたいなのも良かったです~。
イエローが何かと男性隊員に庇って貰ったりして
縋ってボディタッチしてるのも、萌えー。



マシン
ドリル!手にドリルついたロボがかっこいい!




また来週も楽しみです~~vvv
[ 2006/03/15 18:13 ] 轟轟戦隊ボウケンジャー | TB(1) | コメント(2)

[タグ未指定]

轟轟戦隊ボウケンジャー 

轟轟戦隊ボウケンジャー! ブルーの人の巻きー!
やっぱりなんとなく脚本が強引な気がしてなりません。




東映公式「轟轟戦隊ボウケンジャー」
テレビ朝日公式「轟轟戦隊ボウケンジャー」



レッドは もと怪盗。ブラックももと怪盗。イエローは記憶喪失。
ブルーは もと凄腕のスパイ ってことで
今回は蒼太の素性がわかる物語でしたー。


ここんとこ思うことなんですが、
人の心の動きを表すシーンが割りと雑ですよねー。
前回のイエローの回も、
素性が知れないイエローを訝しく思ってたピンクが、菜月のセリフだけで納得してたし。
ううん。
イエローが、信頼するに値できるような行動をして、
それを見てピンクが「貴女も仲間よv」っていう展開なら
もっと良かった気がするんだけど…。
なんだか強引なんだよなー。
今回の蒼太も、スパイだった時のことをペラッペラと自分語り。
セリフだけで説明されても、あんまりピンとこない。
本人に語らせないで、エピソードで見せてほしかったなー。
っていうか、凄腕のスパイだったんですよね?
三国志マニアの社長なんかに 過去の素性を知られちゃうエピソードってのが
ちょっとね(^^;)
凄くないよ。そんなスパイ。




ってことで、脚本に関しては、もっと滑らかな展開を期待したいですv
でも全体的には面白かったーー!
出てくる女の子 女の子 女の子。声と喋りかたが皆さん似たり寄ったりなのが
残念です。
誰が誰だか解らないよー! イエロッチのようなキャラは一人で十分。
あの子だけボケ可愛い ければイイ!
せっかくキャラ立ちしてるのに、同じようなキャラをぶつけてこないでー





明石暁:高橋光臣サン→ブログ
タキシード姿が素敵でしたv
さり気にブラックの給仕さんから飲み物を取って、ピンクに渡してるトコロが
素敵でしたv チーフv



●伊能真墨:齋藤ヤスカサン →ブログ
この人が、メンバーを名前で呼ぶトコロが好きですv
「蒼太が取り逃がしたようなもんだ」




最上蒼太:三上真史サン  →ブログ
腹黒さや胡散臭さを感じさせない蒼太。
スパイとしては逸材だったンでしょうねー。蒼太。
女好きキャラだけど、鼻につくようなイヤラシさは無く、
オスのフェロモンも出してないっぽい~~。
んあ~~~駄目だぁー。私が駄目だぁ~~。
俳優・三上サンのピュアめいた可愛さばかりに目が行っちゃって
ブルーのキザだったり器用だったり余裕だったり…といった
本来のキャラ設定に、正直、ノれないーーー
ボウケンジャーのキャラ割り的に、
ブルーは多分こういうキャラで、こういう立ち位置なんだろうな…というのは
ぼんやり解るンだけどーー。
ええと。ええと。


ちょっと、もっと、考えがまとまってから
キチンと書きたいと思います。
っていうか、蒼太を一番応援する予定ーー!このブログーー!




西堀さくら:末永遥チャン
着飾ってるけど、控えめな印象vvv



間宮菜月:中村知世チャン →ブログ
ボーダーフリー!
敵も味方も分け隔ての無い対応が すてきだイエロッチv
敵に「ねぇねぇ、」ってフレンドリーに話しかける、この子が好きだ~v
ブラックに「タキシードが似合わないからじゃない?」って、辛辣!
毒舌なトコロもイイぞ!



アクション
イエローのスーツアクターさんの動きに目が離せない!
何かあるとすぐにブラックの背後にまわるイエローに萌え。
ブラックがイエローを庇う仕草をするのも、萌え。




くのいち。
菜月がああいうキャラでは無かったら、あのキャラでもいいンだろうけど







ブルーとブラックのキャラ分け。
もっと クッキリハッキリしてたらなーと、思います~。



来週はレッドの過去話ですね!楽しみですー!
[ 2006/03/06 15:33 ] 轟轟戦隊ボウケンジャー | TB(2) | コメント(0)

[タグ未指定]
ブログ内検索
タグクラウド

新着記事&コメント
CalendArchive
只今読書中
モバイル
QR