仮面ライダーや特撮ヒーローで燃えに萌えるブログ!只今NEWSとテゴマスの増田貴久クンにも夢中

萌え散らかしカブト【仮面ライダーカブト】 

はっ!
加賀美って、もしかしてhttp://ameblo.jp/x-menfinal/entry-10014107667.html\" target=\"_blank\">ウルヴァリンッ?!(→X-MENの一員:致命傷を負っても回復出来る驚異の治癒能力を持つ男)



こんな感じで、仮面ライダーカブトを視聴して湧いた妄想をつらつらと…

[ 2007/01/25 14:29 ] 仮面ライダー カブト | TB(3) | コメント(6)

[タグ未指定]

仮面ライダーカブト ファイナル 

とにかく最終回だけ観ると、ヒーロー番組の王道的な最終回だった思います!!
でも、この1年間「謎」を幾つも並べ、思わせぶりな素振りで散々振り回した挙句、
結末がこの程度の何の捻りも無い展開じゃぁ、ぶちギレるのも仕方ないでしょ?




仮面ライダーカブト公式(テレビ朝日)
仮面ライダーカブト公式(東映)


とにかく最終回だけ観ると、ヒーロー番組の王道的な最終回だった思います!!
一応、戦闘シーンはそれなりに盛り上がってたし、
最終決戦の場が、今や悪の組織となったZECTのアジト (っぽい)っていうところも王道だし、
血気盛んにアジトへ乗り込む仮面ライダー!っていうのも王道。
ラスボスも、それなりに強かったと思います。それなりにね(苦笑)
なにより1年間レギュラーの三島が、結果ラスボスってとこも良かったと思うし
(三島がラスボスになるまでの描写がもっと細やかだったらもっと良かったと思うけど)
(でも、いきなり湧いて出たポっと出のラスボスじゃなくて良かった)

熱血カガミ君は満身創痍だが、それでも気力と心意気で立ち上がるとこなんかは王道だし
(ヒ-ローショーならお姉さんのMCが入るトコ「がんばれー!」)
主人公:天道の登場の仕方も、正義の味方登場シーンの王道中の王道!
(ヒーローの口上から現れる。高い場所から見おろしている。「とう!」って飛ぶ)
花一輪突き刺して諸悪の根源をブチ壊すハチャメチャさは、美形な王子様ヒーローならではだし(タキシード仮面)
最終決戦後にヒーロー達があっけらかんと笑顔で一息ついて、労わりあって絆を深めるのも王道、
勝利後、ヒロイン(仮)に飛びつかれる所まで王道(しかもダブルで抱きつかれたよ)


そんな風に、ヒーローの王道をこれでもか!とばかりに突きつけられた結果
往年のヒーロー好きな人たちは文句を言う気も削がれた最終回だったと思うんですよ。
リアルタイム視聴後は…開口一番が「まぁ、こんなもんか」でした。
可もなく不可もなく…変に納得させられているのが不思議でした。宙ぶらりんな気持ち。


その時の気持ちを解かり易く例えると、
友達になった子から悩みを打ち明けられ、
1年に渡って詳細を聞かされ、そのつど相談に乗ってあげてたけど
「決着ついたから」と満面の笑顔で一方的に告げられ、
「そ…そうなんだ良かったね」と作り笑顔で祝ってあげるしかなくて、
あれ?あのとき、ああ言ってたけど、あれはどうなったのかな?とか
あれ?あのとき泣いてたけど、もう忘れたことなのかな?とか
なんだか良く解からないまま…だけど友達が幸せなら、まっ、いいか!
みたいな。


置いてけぼりにされて、切なくもあり、悔しくもあり。でも祝福してあげなきゃな。
みたいな。
どーも、煙に巻かれた感が拭えないのですがね(^^;)


えーと。
例えば。
平成ライダーシリーズは駅伝みたいなモンだと思いました。
うまいこと「電王」にタスキを繋いだ最終回って感じ。
走ってる間は、手に汗握る展開や「謎」を並べて思わせぶりな態度で視聴者の気を引き、
次の走者(電王)にタスキを渡す瞬間だけ、淡々と品行方正な態度で、周囲に有無を言わせずにタスキを渡す。
「いいドラマだったな…」と余韻に浸る時間を与えないような閉じ方をしたのは、
次の電王への期待へと刷りかえるため…。
そんなふうに感じました。
あ、因みに私がライダー駅伝で区間賞をあげたいのは「ブレイド」ですかね。
敵の数が予め解かっているので(トランプ)結末が近づけば気分も盛り上がるし
ラスボスまでの道筋もよかったし、主役が一生懸命なのも好みだしv



人間。ネイティブ。ワーム。
天道が「人間もネイティブもあるものか。この世界に生きとし生けるもの、全ての命はみな等しい。」と言ってましたが
「命」って一括りにしちゃうなら、ワームだって一つの命。
その辺の、天道が引いてるボーダーラインが不明。
ネイティブが日下部夫妻を殺害して擬態している事実からして、
年長のネイティブは誰かを殺して擬態しているんだと思うんですけど…。思い違い??
ま。人間だってネイティブだってワームだって、トンボだーってミミズだーってアメンボだーってー、
殺しをした時点で、倒すのに値する「悪」としての存在ってことですか?


そんな感じで、ストーリーの細かなトコロは脳内補完しないと理解できなかったので
他所様のブログを読んだりして自分なりに「そーゆーことか」と解釈していたのですが
どこからどこまでが劇中で語られたコトなのかが解からなくなってきちゃってました(汗)
地獄兄弟が陸の直属だってのは雑誌で仕入れた妄想だったかな?劇中で語られてないですよね。



では、思いついたことをザクザク書いていきます!


【加賀美 新】
ZECTに乗り込んで戦い始めはしたものの、
もと仲間だったネイティブ達を傷つけることが出来ない…
手を出せずにボコられるガタック。
ここは良かったですv


爆発前の、カブトを連れ出そうとするガタック。
カブトを抱えあげ、肩に担いでスタコラ逃げるのかと期待しちゃいましたっっ!!!
そんな動作だったよv(伊藤さんの)切羽つまったような仕草と様子に萌えました



エピローグのお巡りさん姿が!!!
交番勤務のお巡りさんvvv 似合いますね~加賀美にはvvv
園児に見せる笑顔が温かくていいんだ!また!




【最終決戦の場】
ちょーーっとショボかったですね。
まぁ、あそこはZECTの簡易スタジオだったんでしょうからガランとしてていいんでしょうけど
最終決戦が始まる場所としては味気なかったですね~。
ヒットラーのアジテーション演説っぽく、荘厳に演出しても良かったんじゃないかな~。
だいたい、天井が低いデスよね。
東京タワーの特別展望台を貸しきって撮影ってのもオモシロそうだったのに。金ないってね。スミマセン。
あ~。東京タワーでの最終決戦が見たかったな~~。(あそこも天井は低いけど)
あれは高さ333mの集約電波塔なんだから、今までの流れを考えても東京タワーで決戦がいいよね~。



【ゼクター】
クワガタとカブトは二匹で頷きあって(ここ萌えー!)どこかへ飛んでっちゃいましたが
他の子たちは、パーフェクトゼクターと一緒に木っ端ミジンコになっちゃったの??
サソリは脱出したように見えたけど…。




【三島さま】
ステーキにフォークをブッ刺す三島。
どうせなら、食うシーンが見たかったです。
味覚を体感できた三島の顔が見たかった!!!



【 根岸 】
ガンダムシードデスティニーのデュランダル議長のような役回りだなと思ってたら
死因もデュランダルさんに似てました。因縁ある子に殺されちゃうてーのが。
種デス知らない方はチンプラカンプラですよね(^^;)すみませんっ


…あのスカジャンには何かの意味合いが隠されていたのだろうか…??



【ダークカブト天道 】
種デスで言えば、レイ・ザ・バレル… いや、なんでもありません。
子供の頃に誘拐され、ネイティブに改造され、日下部総司に擬態させられ、鎖に繋がれ幽閉され、
ひよりと出会い幸せになれるかと思いきや呆気なく捨てられ
天道にボコにされ、三島にボコにされ、まーた監禁され
なんか変な隕石と繋がれパワーを吸い取られ…


なんとも不憫なダークカブト…。
天道と加賀美に未来を託して、ネイティブ根岸を道連れに黄泉へと旅立ってしまいました。クスン
最期にネイティブの姿になったのには、グっときました。
でも、散々苦しめられた根岸を道連れに出来て良かった。
ここだけはカタルシスを得られました。うん。



【そうそう加賀美陸】
陸と日下部がネイティブと出会い、ライダーシステムを作った回想シーンを
1話にまとめて後半の途中で放映してほしかったなぁ~。
それでライダーシステムに関する詳細を見せてほしかった。
35年前の、まだ見ぬ息子の名前を決めるシーンとかv



【大介&ゴン】
すご…
シースルーのブラウスだ…



【ひより&樹花】
シスターズ。二人して変チクリンなエプロンつけて…。
二人してグレーとピンクの色合いの服着てましたv
樹花チャンは、ひよりのマンションで、ひよりとオウムと同居してるのかな?



【蓮華】
天道のオツカイ役。
エサを貰って、加賀美に手紙を運ぶ、お使いワンワンv
ラストまで忠犬でしたね。尻尾振って飛び掛ってましたv 伏せっ!お座りっ!



【田所さん・岬さん】
や~!田所班は良かった!裏切ることも無く加賀美の熱血をフォローしてあげててvv
エピローグ。田所さんはソバ屋、
岬さんは、じいやさんと一緒に外食産業を展開。
ディスカビリ家再興にチカラを注ぐのでしょう。亡き剣も報われますねv



【地獄兄弟】
剣は報われたけど、地獄兄弟にはチラっとも触れられませんでした。
でも彼らの行く先は、完全に視聴者に委ねられたのです。
お好きなようにしてくださいね。と。
心中させる御耽美エンドもよし、
影山はネイティブのまま実は生きてて、二人して白夜の北欧に行く逃避行エンドもよし
あのまま二人で街のチンピラになるもよし。
最終回にはオダとヤマトの後ろに二人して居たってことで、
地獄兄弟好きな方も少しだけ報われたンじゃないでしょうか(^-^)



【天道 総司】
さいごまで好きになれなかったキャラでした。
でも、もともと感情移入用のキャラでは無いと思いますし
天道、ムカつくけど麗しいよね!カッコいいよね!(^^)で、いいのかな?と。
ヒロ様のカリスマ性あってこそ の「カブト」でした。
彼のオーラの前では、神様を目の前にした子羊のように蛇に睨まれたカエルのように、
ただただ惚けるだけでした~~。


しかし、フランスのエッフェル塔って(苦笑)




1年みてたカブトも終わり、お次は「電王」です。
電王もカブトに引き続き、萌え散らかしたいと思います~~v
宜しくお付き合いのほどを(*^▽^*)
や。まだ「カブト」を語っちゃうかもしれませんけどね!!

[ 2007/01/24 15:14 ] 仮面ライダー カブト | TB(6) | コメント(3)

[タグ未指定]

仮面ライダーカブト/佐藤祐基クンありがとう! 

加賀美新役の佐藤祐基さん。
1年間、素晴らしい演技を見せてくれて本当にありがとうございました!


いや~。
カブト最終回の感想を書いていたのですが、まず、
このブログ「特撮!萌え散らかし劇場」的には
まずは佐藤祐基クンへの感謝と、役者・佐藤祐基クンへの想いを書くのが
だろうと思って、最終回レビューそっちのけで、佐藤クンから書いちゃいます。



東映公式サイトでの記事「それぞれのオールアップ
以下引用

○加賀美
石田監督のOKがかかるとともに、佐藤さん大泣きです。
(普段は絶対見せない)石田監督のやわらかい笑顔と、(普段は絶対見せない)暖かい目にグッとこみ上げるものがあったようです。
直前までは、「オレぜったい泣かないですからっ!」と何度も公言していた佐藤さんでしたが、
結果的にはカブトキャスト陣の中で一番(圧倒的に!)涙を流したキャストということになりました。
撮影後にはガタックスーツアクター伊藤さんより、ガタックスーツを着せてもらい、感激の佐藤さん
再び涙が溢れてきたのでした。
コメディからシリアスまで多様な演技が要求された佐藤さん。
変わり者だらけの登場人物にあって最も人間らしい加賀美という男を熱く演じてくれました。



キャスト陣の中で、圧倒的に涙を流したという佐藤祐基クン。
それだけ「仮面ライダーカブト」という作品に全身全霊を注ぎ、
作品に関わるキャストやスタッフを愛し、信じて、
一生懸命、加賀美新を演じたということなのでしょう!
加賀美新が翻弄されるたびに、きっと佐藤クンも考え込んだり、悩んだり、時には苦しんだりしたと思います。
剣退場の時には「ごめんな」と切なくなってたと思います。
「ごくせん2」から一緒の水嶋ヒロさんとは、魂のぶつかりあい のような演技を交わして、
心から熱くなったと思います。役者魂が震えてたと思います!


思えば私は、仮面ライダーを丸々観たことがありませんでした。
最初観て、中盤抜かして、秋から再度観る。というパターンが多かったです。
でも、カブトは1年丸まる、雨の日も風の日も病める時も健やかなる時も
欠かさず観てきました。
物語を知るだけなら、公式サイトの粗筋にザっと目を通したり、他所様のブログでレビューを読んだ方が解かりやすい。
しかし、カブトは、私自身が画面を見なければ、役者さん達の演技が観られないから、1話も欠かさず観ていました。
私は、テレビドラマはまず「起承転結:物語」あっての娯楽だと思ってたんです。
でもカブトでは、物語云々も大事だけど、役者さん達の輝きを見るのが楽しみでした。
演技を観るのが楽しかったんです。


特に、佐藤祐基クンは「ごくせん2」の時から、青キャップのこの子が戦隊が出演しないかな~!するべきだ!この目力なら!と強く願っていたので
ライダーに出演が決まって、飛び上がらんばかりに嬉しかったこと(→過去記事参照
カブトでの演技が、繊細かつ大胆で、素晴らしかったこと
いろいろなことが走馬灯のように蘇ってきます。


劇中での加賀美の扱いが悪かったりすると、怒ったりもしましたが
全ては私が加賀美贔屓、佐藤祐基贔屓だったから…
怒ったことも丸ごとひっくるめて、とても楽しんだカブト。面白がって観ていたカブト。
泣いたり笑ったり切なかったり、十二分に楽しみました(*^-^*)
これから書く予定の最終回レビューでは、またブチギレる ことになるかと思いますが(笑)
それも含めて、楽しみながら「仮面ライダーカブト」の感想を書きたいと思います!!!
因みに私の巡回ブログサマは皆、尻コダマを抜かれたような様子だ(笑)
そして、東映公式のひよりに対するコメントがあまりにも素っ気無い…
時折見せる笑顔って。時折しか笑えなかったヒロイン…。やっぱり、ひよりのあの表情の暗さは…




キャスト、スタッフの皆さん、楽しいテレビ番組をありがとうございましたーー!
でもまだ私の「カブト」は終わらない!
来週は、中野サンプラザでライダーショーだっっっ!!!





















[ 2007/01/21 11:09 ] 仮面ライダー カブト | TB(6) | コメント(8)

[タグ未指定]

ライダ~ラ~イダ~ 


土曜プレミアム『新美味しんぼ』を観ました。
お腹すいちゃいました。アワビ食いたい。


ネギ付けた徳山さんの顔は兄貴とは全然違ってて、
役によって顔つき体つきまで変えられる(ように見せられる)俳優さんっていいな~ って思いました。


龍騎のゾルダ(小田井涼平サン)と555の鶴オルフェノク(加藤美佳サン)が出てました。


えー。なんか今夜は自分のテンションが低くて思ったように書けないです。
とにかく明日はカブト最終回なので、寝ることにします。


[ 2007/01/21 02:08 ] 仮面ライダー カブト | トラックバック(-) | コメント(0)

[タグ未指定]

仮面ライダーカブト 【48】 

加賀美新がバカすぎて悲しくなりました。



仮面ライダーカブト公式(テレビ朝日)
仮面ライダーカブト公式(東映)



 微妙な笑顔で「大丈夫ですか?」と母子に尋ねる加賀美に向かって
「大丈夫じゃねーよ!」と素で怒って 思いっきり突っ込んでしまいました。
大丈夫じゃねーダロ。赤ちゃんが生まれた幸せ一杯の家族だぞ。パパが死んじゃったンだぞ。
大丈夫?じゃねーだろ!
もう、加賀美が曖昧な笑顔を浮かべながら母子に近づいた時点で「こりゃ駄目だ」と思っちゃいました。
なんでソコで微笑むのかと!
ワームからこの俺が守ってやったヨカッタヨカッタの「笑顔」??
でも目の前で身内を殺される身になって考えたら…。


えー。ちょっと頭を冷やす目的で頭を整理してみます。
35年前。17歳の加賀美陸と友人の日下部総一とネイティブが
対ワーム用ライダー計画を始動。
互いの息子をライダーの適性者と決め、仕込み、誕生を待つ。
(その時に息子を作ることと名前も「新」にすることを決めていた。
 娘が生まれてたらどうするつもりだったのか。女性ライダーでもよかったのかな?
 ってゆーかネイティブは産み分けも操れた?)
仮面ライダーのベルトを設計・製作する。
日下部と陸は、ネイティブが人類を脅かそうとしたときの予防策「暴走スイッチ」密かにを仕込んでおいた。


総司が3歳の時、日下部夫妻はネイティブに殺され擬態される。
総司は赤の他人の天道婦人に拾われ(?)天道総司として天道家で暮らす。
ネイティブ根岸は、その辺に居た人間の少年を誘拐→ネイティブに改造→総司に擬態させる
→その後、監禁してマスクドライダーシステム開発のモルモットにする。
(いつ擬態させたのか?渋谷隕石のドサクサの時?3歳のときでないのは絵で解かったけど)


1999年の渋谷隕石落下。ネイティブの天敵、ワームが登場。
瓦礫の下で天道総司は妹ひよりと出会い、助ける。
ネイティブ日下部総一にベルトを託される。(ネイティブ日下部は擬態天道だと勘違いしたか?)
(そもそも天道はなぜ、あの場所にいたのか)


ひよりがワームに襲われたのを機に、天道が持っていたベルトが反応。
天道はひよりを助けに直行。
ゼクターは加賀美ではなく天道の元へ行き、仮面ライダーカブトとなる。
(ゼクターは擬態総司でテストされていたので見知った顔の天道のほうへ行ったのかな?)


で、本編が始まるワケなんですが、
ベルトはひよりに反応というより、ネイティブの危機に反応するように作ってあったのでしょうか?
17歳の加賀美陸と、友人の日下部総一の「絆」も、凄いドラマティックですよね。



【加賀美 陸】
17歳でネイティブに出会ったがために
人類を守る使命を持ちライダーシステム計画に従事しながら警視総監にまで成り上がった陸。
友人夫婦がネイティブに殺され、次男がワームに殺され、長男を戦いの場にさしだし、
友人の息子は擬態され、三島に謀反され、危うく囚人にされそうだった陸。
踏んだり蹴ったり。
もしかしたら、妻もネイティブの毒牙にかかって亡くなっているのかもしれない。


でも何が一番ガッカリしたかっていうと、
35年間ネイティブを煙に巻いて耐えに耐え、息子をも煙に巻いてたのに
そのバカ息子がネイティブの口車に乗って、頼みの綱の天道総司を殺しちゃったってコトだよね。
加賀美と日下部は息子達に「希望」を託していたのに、
自分の子があろうことか日下部の息子を殺しちゃったっていう…。
絶望ーーーーー。


「投降して、お前だけでも生き延びろ」
極限状態の中、父としての本音が言えた陸…。
投降したら真っ先にネイティブ化されそうだけど、それでも生きていて欲しいんだろうな。親心。



ささ。本田博太郎さんの体当たりの演技。泥水に顔から突っ込みました。凄い役者魂。
今までの胡散臭い加賀美陸は、ネイティブの悪意に気づきつつ騙されたフリをして、
周りの皆に本心を悟られないようにするための仮面を被ってたのでしょうか?
聖書を引用したり動物の性質を引用した解かり難い物言いも、本音を漏らさないため
天道との謎かけのような会話は、ネイティブに計画をしられたくないため…。
加賀美陸は自分を偽装しながら生きてきたような気がしてなりません。


次週の希望としては、せめてネイティブ根岸だけは陸に討ち取って欲しいです!
刺し違えてでも!!




【加賀美 新】
バカ息子。


カブトが始まってから、いや、始まる前から加賀美新(を演じる佐藤祐基クン)を応援してきたこのブログ。
ストーリーに納得出来ない回もありました。
ありましたが加賀美(を演じる佐藤祐基クン)がステキに映っていれば
多少のことには我慢出来ると思って加賀美贔屓でレビューを書いてきました。
きましたが…。今日の、最終回目前の加賀美の扱いの酷さには流石に叫びたくなりました。
天道と加賀美の「絆」の薄っぺらいこと!
そりゃ、天道が弾いた銃弾のせいで蓮華が負傷したのは加賀美にとってショックだったでしょうけど
だからって、天道は「悪」根岸は「善」って、コロっと決めちゃう短絡さが我慢できません。
加賀美をそんな風に動かすしか選択肢が無かったストーリー展開が嫌い!
結局、加賀美はバカなのか。勘違いバカに描かないと物語が進まないのか。
天道を瓦礫の下に埋めて、ひよりを思い出したいが為に、加賀美をバカにして戦いをけしかけたのか。
先週「あいつには何か考えがあるに決まっています」っ言っててカッコイイ!良く言った!と褒めたのに
今週の「許さないぞ…カブト…!」とは、あんまりです!
天道を信用してない加賀美!天道に信頼されてない加賀美!ふたりの絆って何ですか。
しかもカブトVSガタックのときはゼクトルーパーを引き連れてきた。
1対1で戦って欲しかったけど、加賀美はセクトルーパー達と天道を追い詰めた。
その戦いに騎士道はなく、ただ悪者をやっつけるための捕り物帳になっていた…。


物語って、登場人物の行動やセリフを機にストーリーが展開されていくじゃないですか。普通。
でもカブトは、先にオハナシ有りき、で、ストーリー展開が予め決まっていて、
それに都合がいいように登場人物を動かしたり喋らせたりしているとしか思えない流れが多すぎました。
確かに作り手側は、そういう書き方でいいんでしょうけど、
視聴者がそう思っちゃうようじゃ駄目じゃんねぇ!
登場人物に感情移入しながら、登場人物と一緒に物語を追っていけないとー。
だから今までのレビューだって、「これ言わないと物語が進まないからね」とか
変に物分りのいい、製作側に甘いレビューが多かったですよ。
でも、それって、製作側の思惑をしたり顔して許容するってゆーーーのは
なんか、なんか、なんか、つまんなーーーい。
私はね。


はぁ。
視聴者目線のキャラクターは加賀美だったんですよね?
せめて加賀美だけは、せめて加賀美の心情だけは滑らかに描いて欲しかった。
繊細な演技が出来る佐藤クンが演じるからこそ、
加賀美だけは視聴者の心を掴んで、物語へと導いて欲しかった。



でもカッコ良かったです。佐藤クンv
凛々しい表情してたし、天道に負けない威厳を持ってた。
でもかっこいいからこそ、騙されてる加賀美が哀れでならなかった…。
加賀美というキャラクターが好きだから、です。
このブログは加賀美役の佐藤祐基クンを応援しています!!



【天道 総司】
追われる身になった天道。自宅にもサルにも寄ってないんですよね?
蓮華に作ってやったオムライスは、どこで作ったんだろう??


サラっと擬態天道を助け、サラっと影山のワーム姿を見て
別段ふたりを どうすることもなく
ガタックとZECTに倒されてしまいました。


ん~~ …そのくらい?
天道がカッコイイのは次週の最終回でしょう!!
次週!震えて待て!



【 三島サマ・根岸 】
三島は根岸と結託したクーデターの後、最強のネイティブになってしまわれました。
多分取引の内容は、ネイティブになるからZECTのトップに…ということだったのでしょうねー。
サプリを投げつけたのは、人間の身体との決別を意味してたのかな?
三島は人間の自分が不完全(味覚障害)なのが許せなかったんじゃないでしょうか?
根岸は成虫になるのかな?
ラスボスはネイティブ三島率いるZECT(組織)ってことでOK?



【ひより&樹花】
シスターズ。二人並ぶとネガとポジって感じですね。
明、暗。陰、陽。
髪型もひよりは前髪長くして顔を隠してる。樹花は前髪上げてたもんね。


【蓮華】
ユメにまでみたオムライス…


【田所さん・岬さん】
ネイティブ田所さんは、根岸の悪巧みは知らないンですよね…??
知ったときに田所さんがどういう行動をするのかが気になります。
加賀美を助けてやって欲しいです。


【パンチ影山とキック矢車】
地獄兄弟は最終章でした。
「暴走スイッチ」の監視役として出てきたンじゃなかったでしたっけ??
本筋に絡まないまま退場してしまいましたね…(;_;)
陸の直属だったみたいだから、陸が失脚したから彼らも行き場を失くすのは仕方ないことなのかな?


完全にワームになってしまう前に、人間でいられる今のうちに
アニキの手にかかって死んでしまいたい…と思うのは影山なら自然なことですよね…。
アニキの足にかかって死んでしまったようだけど。
色んな意味で切ない最後になってしまった地獄兄弟…。


敵と戦った末に、一緒に逝かせてあげたかったなぁーーー。
残念。


次週は最終回。
感動したいな~~~~~

[ 2007/01/15 00:01 ] 仮面ライダー カブト | TB(6) | コメント(6)

ブログ内検索
タグクラウド

カテゴリー
イラスト
新着記事&コメント
CalendArchive
只今読書中
モバイル
QR
コレ


フェリシモ「コレクション」