仮面ライダーや特撮ヒーローで燃えに萌えるブログ!只今NEWSとテゴマスの増田貴久クンにも夢中

【テゴマス3rdライブ テゴマスのまほう★】 横浜アリーナ感想 

増田貴久クンと手越祐也クンのコンサート
『テゴマス3rdライブ テゴマスのまほう★』にやっと参加できました!
ここまで、長かった(笑)

まず、横浜でお会いできた皆様、本当にありがとうございました
お世話になりました! また来年もNEWSコンでお会いしたいですっっ

今回もまたネタバレ回避してまして、
苦節、だいだい2ヶ月くらい…
それはもう気分が上がったり下がったり七転八倒と大変でした。自分の中でw
我慢時間が長すぎて声優萌えが再発したり特撮に萌えなおしたりラジパンダリと
それなりに自分ではテゴマス絶ちの日々を愉しめてたので まぁいいんですが
別のことを愉しめば愉しむほど「私、テゴマスファン卒業か?」などと
自分の心に探りをいれたりしてなんかこー複雑でした。

そんな中でのテゴマスコン
も、とにかく増田貴久さんのありとあらゆるお声を堪能させて頂きました。
七色ボイスどころじゃなく24色…いやwebセーフカラー216色くらいの声を出してました。
ホント。
あの子、天才じゃない? 


横浜アリーナ、17日18日の4回入りました(^^)
お席の種類によって体感した経験が異なりました。
よって感想もすべて異なります。
着席のお席では双眼鏡でまっすーをガン見!!! (コレ私のいつものパターン)
  初見なのでちょっと冷静にコンサートの展開(セトリなど)や演出を体感。
アリーナでは周りのお客さんと一緒に雰囲気を楽しみつつ
  尚且つ曲にノリ、ペンラ振ってライブに参加する気概で挑む。
スタンド1列目のお席では増田サンが数ミリ先の超至近距離に!
  増田サンがお通りになられるかもしれないお席だったので緊張して緊張して
  わたし、いつになく 乙女モード全開
スタンド最高峰(笑)
  これが私には最後のテゴマスコン3なので、はっちゃける気マンマン!!
  「ふー!」とか「いぇーい!」とか「スキー!」とか「ぞうさーん!」とか
  声を張り上げ、歌も歌い、ペンラも大振りで、ノリノリで体を揺すり
  思う存分楽しんできました!
  慶チャンも観覧しに来てて大盛り上がり!!

  そして、横アリラストでは私の大好物の祐子ちゃんがキターーーーー!!
  (続きにイラストあり)



ここから先はネタバレがあります。  
あ、それと、コンサートのレポではなく、私の感想になります。
思い込みで語る部分もありますので苦手な方はスルーでお願いします。


テゴマス3rdライブ テゴマスのまほう★ 祐子&マス イラスト



手越さんの女装には賛否両論あるんでしょうが、私は大好きです(*^-^*)
今回なんて チア! チアリーダー! 可愛い~~大好き~~
しかも髪型、ポニーーーーテーーーールーーーーー
なんですか、ふっくら密やかにお胸に膨らみがありましてヤバイ!ヤバイ!
あれはかなりヤバイ。気まずいです。あの微乳はさすがにマズイだろうと(笑)
エロすぎます。年齢制限ありです。20禁くらいです。
あの場合は巨乳を仕込むべきです。一個くらい「笑える部分」を盛っておかないと
完全ガチだと思われる危険性が・・・・ 
いや、ガチ女装を超える何か変態チックな嗜好が含まれていそうで怖いです(笑)
でも私は大好物です!!!! いいよいいよ~!
(閲覧者の中で苦手な方がいらしたら、それはゴメンなさい)



で、ですね
曲ごとの感想はまた別のエントリーに書くとして、
強烈に心に残ってることをひとまず書き出しますと

コアファン萌え萌えメドレーでは
当時の増田少年が歌っていた歌声のように歌ってくださったので
すっごく嬉しかったんです!!!!!
私、以前にも書きましたが、ボイトレして歌が上手くなるのはいいんだけど
まっすーの独特な歌「声」が、
ボイトレによって均一化され「ありふれた歌手の上手な歌声」になるのを
とても心配してたトコロがあったんですけど
昨日の歌声を聞いて安心&感動しました。心が震えました。
特に17日の2部でそれを強く思いました。
どの曲も、ソロ部分は当時の歌い方だったような気がしました。
まっすーです。まっすーです。少年のまっすーもまだ彼の中で大事にされている…
そう思って飛び上がらんばかりに嬉しくなりました。
まさしく萌え萌えでした。いや「萌え」とはチョイと違うかな。
冷静に、素晴らしい。



そして「くしゃみ」の搾り出すように歌う掠れた歌声。
あの声の「かすれ」は、ああいうテクニックを編み出したのか、
それとも感情先行(演技込み)で歌うとああいう掠れ方になるのか
ちょっと増田サンにお聞きしたいですね。気になりませんか?
最大級に素晴らしい「くしゃみ」でした。
以前「夜は星をながめておくれ」を増田貴久主演大河だと書きましたが
「くしゃみ」はミニシアターで観る上質なショートフィルムのようでした。
増田サンの表現力は凄まじいですな。マス、恐ろしい子(白目)
「くしゃみ」の歌詞は「恋人との別離」を描いてあるんだと思うんですが
増田サンのあの引き裂かれるような嘆きようは「死別」を表現しているようで
聞いてて もーホントに体中の汁という汁が絞られそうでした。


あと さ く ら ガ ー ル の歌い方ね。


なんかものっそい意思表示というか強いメッセージ性が暗に織り込まれてるように
聞こえたのですけど、気のせいじゃないですよね?
気のせいじゃないよなーーーー
じゃなければ、あんなに号泣しないよ。4回見て3回泣いたもの。
嗚咽が出るくらいボロ泣きしたもの。からだがガクガク震えたもの。
それだけ彼らの「歌」に心が動かされたってことだよな。
6人NEWSへの懐古とか寂しいとの涙じゃなくて、テゴマスへの感情移入ね。
解釈の仕方は人それぞれさと思うんですけどね。
私は、「さくら」は山下くんだと思う。
山下くんへの複雑な想いを歌に乗っけてるんだなぁ~って
そう勝手に解釈しちゃって、腹の底から哀しみが込み上げてきました。
公式からだしたコメントでは自分達の思いは半分も言えてないだろうから
歌うたいらしく、歌で思いを伝えたのかなって。

特にマスの絶叫に近いアカペラソロは鳥肌ブワー立って、
「いつまでも続いていくとそんな気がしてた」は、
 本当にね!本当にずっと山下くんとまっすーは一緒に歌って踊っていくもんだと思ってたよ
 プリングルズのCMで山下くんと共演したまっすは山下くんと一緒で凄く嬉しかったろうし、NEWSで一緒になれて天にも昇る気持ちだったろうし、一緒に活動してる中でムッとすることも多々あっただろうけどそれでもトップアイドルの座を維持している山下くんを尊敬して憧れて好きだったんだと思うんだ。テゴマス頑張ってライブも打てるようになって山下くんと横に並んでも恥ずかしくない実力も付いてきたのに、これからも頑張れたのに、あの風が連れ去っていっちゃった。離れていっちゃった。好きだったのに、好きだったからこそ憎しみにも似た気持ちが湧いてきて、でも山下くんの気持ちもわからなくはない、テゴマス含め4人がもっと早く彼に追いついていたら、もっと早く横に並べてたら、山下クンの焦燥を理解できてたら、気持ちを分かち合えていたら、こんな風にならなかったのかもしれない。恨みたくないけどどうして捨てられたのかを考えると苦しすぎるんじゃないかな。こんな気持ちにさせるなんて酷いよ山下クンって思ってるんじゃないかな。テゴマスは山下クンを追い抜く気持ちになって仕事を頑張ると思うな。復讐めいた気持ちじゃなくて、山下クンと一緒にたどり着きたかった頂点を引き続き目指すんじゃないかな。歌ももっと上手くなるし、引き続きファンを大事にするんじゃないかな。それが仕事だってわかってるんじゃないかな。勝手に去っていった山下クンへのグチャグチャな気持ち、愛憎を「さくら」に乗せて歌ってるんじゃないかな。


あまりにも激しすぎる「さくらガール」にそんな事を勝手に思ってしまいました。
でも、その後で「夕焼けと恋と自転車」で
山下くんにはフラれたけど、俺らテゴマス、ずっと山下くんを好きでいるからな!
そーゆー意思表示をしてるんだと勝手に解釈しましたwww
 【20日追記】あすかさんからのコメントで
  「夕焼け~」は亮チャンを想っての歌だと解釈したと聞き、
  私もあすかさんの意見に便乗ーーーー。  それ、ありです!
  うううううう いかん また哀しくなってきた
  嫌いになれたら いっそ 楽なのになぁ   


なんか、やたら凝ってるな構成がwwww




そうそう

今回も途中の喋りやMCで、声色を色々変えてお喋りしてましたね~。
多用してるのでちょっと二人ともどうしたんだろう…?(苦笑い)と思いましたが
まぁ面白かったですw
ねっ アニメや映画の吹き替えのお仕事とか、どんとこい!って感じですよね。
ピクサーとかディズニーとか3DCGアニメのキャラのオファー欲しいですねー。



あ!あとね
衣装に、リボンタイ!! 黒のナポレオンジャケット(にバズーカー砲)!
ご当地ソング!!!!!
見たかったものがテンコ盛りでした!
ありがとうまっすーーーー!!!


でも、コンサートの前半はちょっと単調な気がしたな~。
新しいアルバム曲なのに、スルスルッと流れてる印象がありました。
私、「雪だるま」が好きな曲だったから、なんの印象も残らない
薄めの前半セットリストに入れられてて、ちょっと残念。
バックに映像がなかったのが視覚的に弱かったのかも。
会場が大きくて中央のステージだったから仕方ないんだけど(^^)

あー、感想はまだまだ続きます。別エントリーで!!

関連記事
[ 2011/12/19 13:43 ] 増田貴久くん | TB(0) | コメント(10)

お久しぶりです!おかえりなさいv-238
新潟参戦組の私としては、早く横浜になってミルルさんの感想が聞きたい!まっすーのさくらガールの歌声をどう感じたか知りたい!と思ってたんですよー。
あの搾り出すような大サビ、まっすーの気持ちとしか思えませんでした。今までこんな強い歌声を聴いたことない!と思うほど、気持ちが強く入っていたんだろうなと。
彼の表現力はすさまじいですね…
まっすー独特の歌声も、「なくなっちゃうんじゃないか」と不安に思ってましたが、その心配はなかったようで安心してました。あの声はきっと神様からの授かり物なので、大切にしてほしいー。
ミルルさんの率直な感想聞けて嬉しかったです!
これでようやく私の中のツアーが終わるような気持ちです(笑)
[ 2011/12/19 17:23 ] [ 編集 ]
もう、言葉がありません

ミルルさんの感想やレポを読ませていただいて
後だしジャンケンみたいですが…v-356
ホントに私の感じていたのと同じです

私『さくらガール』が発売されたときから
ずっと、あのパートを生で聴きたいと願っていました

それがやっと実現したのが、昨年のLive!×3です

自分が担当したピンクの衣装に身を包んでいる
大好きなメンバーたちと
東西の大きなドームのステージ上で
それこそ花のような満面の笑みで
みんなの真ん中で輝いていた彼v-238

発売になったDVDでも、1番リピ率の高いような
私にとっても、特別な歌でした。

徳島で、はなむけを歌い終えたあとの
暗いままでのセンターへの移動
前回までのツアーなら、大体は演奏中の移動だったし
そうではない時は、必ず、おしゃべりやファンサの場でした

「いつもと違う」

そう思った次の瞬間にながれたイントロとモニターの曲名


あんな事があった後のはじめてのステージ
見ている私たちも、ステージ上の彼らももちろん
ものすごい緊張感ンに中で始まった公演が
とっても、キラキラしたものでv-353
みんなが安心して楽しみだしたころだった気がします

ホントに、どよめきというより悲鳴に近かったかも知れません

歌う彼ら(手越クンは未確認v-356)
もファンもみんな泣いていたと思います

悲しみと決意と寂しさと力強さと
ありとあらゆる感情がつまった『さくらガール』でした

私も、毎回「さくら」は山Pなんだろうと思って聞いていました。
苦しくて切なくて、でも強くて
今までのあの歌と全く違うテゴマスの『さくらガール』
大好きな歌だからこそ、余計に胸をうたれて…

『さくらガール』の事だけ書きたかったので
他の感想はまたあらためます
[ 2011/12/20 11:13 ] [ 編集 ]
お久しぶりです。私も17日1部に行ってきました!
あんなことがあってから少し落ち着き、いい意味で冷静にみることができました。
ミルルさんの感想を読んでまったく同じ気持ちになりました。17日1部くしゃみの歌い方があいツアーで行った新潟とはまた違い本当に泣きそうで苦しそうな・・・さくらガール同様まさに今の気持ちを歌声に乗せてたのかな・・・と聴きながら思ったら涙が出てきました。さくらガールの大サビの歌い方も普段言葉にはあまり出さないけれどまっすーの心からの気持ちなんだろうなと歌声で伝わりました。
ラストの曲でも気持ちが伝わってきてボロボロ泣いてしまいました。そして、それだけ彼らの表現力は本当にすごいんだなと実感しました。
[ 2011/12/20 21:20 ] [ 編集 ]
こんばんは

素敵なレポに涙でした。さくらガールのまっすーのあの切ない歌声にたまらなく涙でした。会場にいたかたそれぞれの思いは色々だとは思いますが心に染みたの確かだとおもいます!きっと慶ちゃんの願いは叶うと思って素敵なまほうの笑顔で過ごしたいと改めて思いました。かわいいテゴマスのイラストにも癒されています!!
[ 2011/12/20 23:50 ] [ 編集 ]
ミルルさん、お帰りなさい
横アリからお帰りなさいというよりは・・・
ずっと増田さんの記事がなかったので、寂しかったんです。
ネタバレ回避のためとは充分承知でしたが、私はアニメ声優とか全くうといので、ミルルさんが遠く感じちゃって・・・(苦笑)
横アリの感想、同感、共感!がいっぱいです。
まずは増田さんの声!!!私も今回いったい何種類の声があるの?って思いました~~
表現力に圧倒されました。ほんと天才!!
前にボイトレで声が均質化?なんて不安は吹っ飛びましたよね!ますます、深くはまっちゃいました・・

くしゃみのかすれ声、たまらないです。本当にどうしたらあの声になるんでしょうね?聴いてみたいけど、そういうことは言わなそうですよね。今回セトリにいれてもらって嬉しかった~「うた」コンに行ってない私は「くしゃみ」を聴けてないのがいちばん残念だったから・・・


さくらガール、私はバリバリネタバレしちゃってたんですけど、それでもものすごい衝撃を受けました。
何も知らずに聴いたらどんなに驚くことでしょう・・
やっぱり、同じように感じました。「さくら」は山Pだろうか亮ちゃんだろうか、6人のNEWSだろうか?やっぱり、山Pなんでしょうね・・
「夕焼けと恋と~」もこの次に持ってきたのは、メッセージの続きなの?考えすぎ?と思ってたら、ミルルさんも書いていたんで、おお~やっぱりそうよね!って思いました。
今回のセトリ、ものすごく凝ってますよね!
[ 2011/12/21 13:24 ] [ 編集 ]
あやかさん、おひさしぶりです~~!
やっとテゴマスコン3に参加できました!長かったーー


> 今までこんな強い歌声を聴いたことない!と思うほど、気持ちが強く入っていたんだろうなと。

ほんと、今まで聴いたことの無い歌声でしたね…
感情の迸りを感じました


> まっすー独特の歌声も、「なくなっちゃうんじゃないか」と不安に思ってましたが、その心配はなかったようで安心してました。あの声はきっと神様からの授かり物なので、大切にしてほしいー。

あやかさんも増田サンの歌声を聴いて安心したのですね~(^▽^)
少年の頃の「声」「歌い方」今出している「声」「歌い方」
ぜんぶ自分の引き出しに入ってるということがわかって安心しました!!


> これでようやく私の中のツアーが終わるような気持ちです(笑)

あやかさんも名古屋へは行けないのですね… 私もなのですが
私はこれからツアーを思い出して絵を描いたり、
色々勝手な考察したりして楽しもうと思っています~~~v
よかったらまたお付き合いくださいね~~
[ 2011/12/22 13:32 ] [ 編集 ]
ひとみさんも「さくらガール」を聴いて激しく心を動かされたのですねーー!

> 歌う彼ら(手越クンは未確認v-356)
> もファンもみんな泣いていたと思います

徳島で、そうだったのですね…

自分のブログの感想を書き終わってから、他のかたのレポを読もうと思っているのですが
人それぞれ感じたことは違うのでしょうね…
それぞれ違うけれど、「悲しい」から涙が出ちゃうんですもんね…
っはー、ほんと切ないです


> 私も、毎回「さくら」は山Pなんだろうと思って聞いていました。

。・゚・(ノД`)・゚・。 
[ 2011/12/22 14:01 ] [ 編集 ]
鈴歌さん、お久しぶりです~。鈴歌さんも17日1部に入ったのですね~♪

> さくらガールの大サビの歌い方も普段言葉にはあまり出さないけれどまっすーの心からの気持ちなんだろうなと歌声で伝わりました。

歌い方、すごかったですよね。
歌声からまっすーの気持ちや思いがビンビン伝わってきて圧倒されました。


> ラストの曲でも気持ちが伝わってきてボロボロ泣いてしまいました。そして、それだけ彼らの表現力は本当にすごいんだなと実感しました。

テゴマスの歌での表現力は素晴らしいですよね。
ハモリなど技術的なことはもちろん、二人の息づかい、心の重ね方、
共鳴しあい高めあう二人の姿勢が素敵だなぁといつも思います。
[ 2011/12/22 14:40 ] [ 編集 ]
きゅうさん、こんにちはー!!
イラストへの感想ありがとうございます!

きゅうさんも「さくらガール」のまっすーのあの切ない歌声に泣いてしまったのですねー!!!!


> それぞれの思いは色々だとは思いますが心に染みたの確かだとおもいます!

本当にその通りだと思います!
心を動かされましたよね。


> きっと慶ちゃんの願いは叶うと思って素敵なまほうの笑顔で過ごしたいと改めて思いました。

私も魔法にかけられたまま笑顔で過ごしたいと思います!
[ 2011/12/22 15:00 ] [ 編集 ]
ぶらうにいさん、ただいま~~(^▽^)
やっと増田サンの記事が書けました。
ブランクが流すぎて、たがが外れたように長文書いちゃったwww


> まずは増田さんの声!!!私も今回いったい何種類の声があるの?って思いました~~
> 表現力に圧倒されました。ほんと天才!!

なかなかいないですよね。
歌によって声が絶妙に変化する歌手の人って。
ロックとかバラードとか演歌とか、曲調の違う楽曲を歌っても、
歌声(声質)は同じ歌手の人が大部分だと思うし。


> くしゃみのかすれ声、たまらないです。本当にどうしたらあの声になるんでしょうね?聴いてみたいけど、そういうことは言わなそうですよね。

そうですねー。白鳥のようにスイスイ泳いで水面下のことはクチにしなさそうですよね。
マスヒツにメール出して質問してみようかな~~~


> さくらガール、私はバリバリネタバレしちゃってたんですけど、それでもものすごい衝撃を受けました。
> 何も知らずに聴いたらどんなに驚くことでしょう・・

私も「さくらガール」だけはネタバレが目に入っちゃってました(^^;)
知ってたんですけど、あの歌い方ですもんね…
なにも思わないワケがないという。 ね~~~~。



> やっぱり、同じように感じました。「さくら」は山Pだろうか亮ちゃんだろうか、6人のNEWSだろうか?やっぱり、山Pなんでしょうね・・


んね~。人それぞれ感じ方は違うのでしょうが、
さくらちゃんを詰るような歌い方にも感じとれたので、Pさんへの気持ちなのかなぁ?って。
秋ごろのドル誌の質問で、最近最後にメールしたのは誰?の質問に
「まっすー」「山下くん」と書いてあったのが印象深くて
当時は萌えてたのですが、今おもうとメールでのやりとりは脱退のことだったのかな?と思って
まっすーはPさんの脱退が決まった後も、Pさんに聞きたいこと、知りたいことがたくさんあったんじゃないかな~?と
そう思って…

やばい また 泣けてきた 




> 「夕焼けと恋と~」もこの次に持ってきたのは、メッセージの続きなの?考えすぎ?と思ってたら、ミルルさんも書いていたんで、おお~やっぱりそうよね!って思いました。
> 今回のセトリ、ものすごく凝ってますよね!


ぶらうにいさんも「続き」だと思って聴いてたのですね~~!
テゴマス側が「続き」だと意図してなくても、
あのさくらガールの後では色々考察してしまいたくなりますよね!!!

私が良曲だと思う曲の演出が薄かったのも、「さくらガール」でのクライマックスを考慮したセトリだったのかな?と勘繰ると、納得しちゃえる気がします。
な~~んて、ぜんぜん的外れなコト言ってるかもしれないけど~~~~(笑)
[ 2011/12/22 15:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿










コメントを秘密にする(管理者に対してのみコメントする)
この記事のトラックバックURL


ブログ内検索
タグクラウド

カテゴリー
イラスト
新着記事&コメント
CalendArchive
只今読書中
モバイル
QR
コレ


フェリシモ「コレクション」