仮面ライダーや特撮ヒーローで燃えに萌えるブログ!只今NEWSとテゴマスの増田貴久クンにも夢中

響鬼、総評! 

「響鬼 装甲!」ならぬ
「響鬼、総評!」ってことで。



全話見終わって、あらためて「響鬼」を考えてみました。
・プロット
まず「あらすじ」は、以前も書きましたが10点満点中の2点。
大筋が無く、登場人物の紹介と個々のエピソードだけで終わってしまった感が拭えません。
今までの「仮面ライダー」を踏まえて考えると、まだ序章って感じ。
でもしかし。響鬼は「完全新生」
今までのライダーの物語と比べてはイケナイのかもしれないのですがね(^^;)



・設定、環境
面白かったですね!
モチーフが日本古来の「鬼」というのも面白いし、
マカモーと呼ばれる妖怪みたいのも面白かった。
DA式神もよかったし。




・キャスト
キャラクターはみんな良かったと思います!
メインの鬼3人も、主役、2枚目、3枚目とバランス良く取り揃えてあるし
キャラも立ってたし。
女性キャラが全員サポート側で、ヒロインがいなかったっていうのが
ちょっと残念ではありますが~。
ま、ヒロインの立ち位置には明日夢が居たので、
ヒロイン不在は物語上仕方が無いですねー。
キャラクターが大人だけでなく、最年長のおやっさんから
30代、20代、10代と、老若男女揃っていた部分も良かったと思います。
それぞれの「年齢」に沿った悩みや喜びが描かれていたトコロも興味深かったですね。
大雑把に言うと、学生は進路、20代は恋愛、30代は継承と
人生の色んな悩みごとが1本のドラマにギュウっと詰め込まれてました。
だから散漫なイメージがあるのだけれど、
そこンところは群像劇として捉えて「良し」とするべきなのかしらん??


年代が違うキャラということは、演ずる俳優さんたちの年齢も違ってくるワケで
撮影中の雰囲気や、アフターファイブなんかも
今までのライダーとは雰囲気が違うンだろうな~と思ったりもして。


今までの平成ライダー及び仲間達は、ほぼ20代のキャラで、演じている俳優もキャリアは横並び。
出演者同士、つるんで御飯を食べに行ったりもしたでしょう。
撮影時以外も会って、作品について語り合ったり、演技の仕方を考えたり、キャラを深く掘り下げたり
そうやって切磋琢磨しあえる仲間だったと思うンですよ。
良い意味で「お前には負けない!」「お前より目立つ!」って思って演技してる部分もあったと思うし。
一丸となる熱意もあったと思うし。
役者同士が互いに「演技で酔える相手」になる瞬間もあったと思うんですーー
共鳴しあうっていうかーー。
今までのライダーは演技の技としては下手だけど、心がこもって
熱意があった気がします。


セリフの掛け合いの微妙な「間」とか、視線とかで
観ているコッチにも、そういう役者同士の「共鳴」はワリと伝わる部分があるンですが
響鬼の出演者に限っては、そーゆーのをあまり感じなかったンですよね。
はっ!!!そうそう!共鳴といえば音叉!音叉ですよ!
ふたっつの棒が共鳴しあうってヤツ!
そーゆーー共鳴が無かったなーー!響鬼には。
せっかく「響き」ってタイトルなのに何にも響いてこなかったなーー。
私は、ですよ? 私には響かなかった。



ただ
縦社会は見えた(笑)



細川さん演ずるヒビキさんと、他キャラの間に距離があった気がします。
細川さんで頭打ちっていうかー。ええ~っと。
細川さんに倣え!っていうかー。ええ~~っと。




細川さんのスケジュールを考えると、共演者と遊ぶ時間も無かったと思うンですけどねー。
ただ、細川さん自らの「響鬼プロモーション」は素晴らしかったですね!
あれは本当、素晴らしいと思いました。アッパレ細川さん!って感じ。


ザンキ役の松田さんと、トドロキ役の川口さんは
プライベートでも一緒に御飯食べたりしてたようで、
脚本があんなにアレじゃ無ければ、
もっと感動的な二人の「演技の共鳴」が観られたかもしれませんね~~。


でも、響鬼は役者さんの演技レベルがかなり上だったですよね。
明日夢君がすごく上手かった。
女性陣もみんな美形だったv
それと、敵役の男女二人の配役が素晴らしかったです!!!





・敵
これが一番残念ですね。
敵がCGだったってことは100歩譲って仕方ないにしても
敵側にドラマが無い。
洋館の男女が怪しい動きをしたことで、ドラマがあるかと期待したけど
結局なんのドラマも起こらなかった。
姫童子を操るクグツ、クグツを操る洋館の男女、洋館の男女を操る大正ロマン風の男女という
マトリョーシカで終わっちゃったよ!!!!ビックリ!
ヒーローモノとしての物語が駄目駄目だった原因がコレ。私はコレが駄目。
悪意のある敵が居ないってとこ!
あ~あ。悪役が凄ければ凄いほど、ヒーローが引き立つってモンなのにー!
結局、響鬼の強さがインフレ起こして終了~~。




・アクション
自然の中のアクションは、本当、かっこよかったですーー!
川に落ちたり、水しぶきをあげてアクションしてたり、
良かったな~~vほんとv
ただ欲を言えば、死闘ってやつが見たかったですね。
全身全霊をかけて互いが戦うシーン。
敵側も全身全霊込めてる戦い。CGとかじゃあなくて。
スーツアクターさん達の間合いで、感じる波動が。


俳優さんたちのアクションはショボショボでしたね~
最終回のヒビキさんだけかなー。良かったのは。







・子供と観る響鬼
未就学児をコアなターゲットとした「響鬼」
ウチの3歳児もライダーが大好きで、響鬼も見ていました。
でもガッツリ見入るのは戦いのシーンで、人間ドラマのシーンは飽きてましたね~。
起きて暫く経った「響鬼」放映時間は、丁度おなかが空くらしく
「なにか食べたーい」と私を呼び、
私はブーブー文句を言いながら朝ご飯の支度をしたもんです(涙)


玩具はタイコよりは剣のほうが興味あったみたい。
DAは組み立てたり、平らにしたりと、面白がって遊んでましたね~v
あと、ウチのはソフビや食玩が大好きなのですがーーー
響鬼は敵の人形が無いのですよねっ
戦いゴッコが出来ないンですよっ!
例えば最近、ガチャガチャでマックスのを買ってあげたのですが
その中には小さいマックスと、怪獣3体もはいってたんです。
マックスVS怪獣3体ですよ!さすがマックス!最強!って感じで
子供は喜んで戦いゴッコをさせていました。
やっぱ、ヒーローにはカッコイイ敵がいないとね!!!駄目!
ウチのは、
555にはオルフェノクとオートバジンのソフビを
ブレイドにはカリスを、ちゃんと あてがってますからねぇ。



ウルトラマンの怪獣マニアも居るくらい、敵側の造詣にも興味がある人は沢山いると思うんです。
私だって、ウルトラのソフビよりも、ウーとかシーボーズ、ジャミラのソフビを手に取るもんなぁ。
やっぱ、敵の存在はデカイんですよ。



ぅおっと!
長くなりすぎちゃいましたっ(焦)
また思いついたことがあったら、また書きます~~












関連記事
[ 2006/01/27 18:55 ] 仮面ライダー 響鬼 | TB(2) | コメント(4)

[タグ未指定]
なんか、もうね~、オイラは既にカブトに、期待が募っちゃってますよ!
何か、カブトってちょっとライダー的には王道に帰る感じなのかな~?
でも、設定も自分的には好きそうな感じだし、
慣れると意外とカブトも格好いい気がしてきました!
青と赤(!)という、コントラストもダイスキだしvv
響鬼はオイラには残念ながら響いてこなかった…。
でも役者さんは皆個性的で素敵で、良かったと思いましたよ!
[ 2006/01/27 22:04 ] [ 編集 ]
わーーいvvv
私もカブトには既に萌えてますよ~vvv
でもあんまり期待しすぎて、期待ハズレだった場合、
ガッカリ感も2倍だから(イブキの兄さんのように…)
ちょっと抑え目にしています~~~v

私も、響鬼の物語は心に響いてきませんでした(涙)
でも響鬼のアクションとかキャラクターは良かったンですよね~~~!
明日の新ライダーが楽しみですねーー!!!
[ 2006/01/28 18:50 ] [ 編集 ]
いちいちすべて完全にその通り!
まったくもってすっかり同感!!
最後の戦いごっこのとこなんかもう!!!
!!!!を表したくて。
すいませんがそれだけの投稿です。
女の方ですよね。
これほどまでに男の子の気持ちが分かるとは。
うちの奥さんにその爪の垢を・・・
[ 2006/02/07 23:07 ] [ 編集 ]
すっかり同感してくださいますか!!嬉しいですv
コメントを投稿してくださりありがとうございますーー!

戦いごっこは敵がいなくちゃ始まらないですよね~~!
特に男の子は収集したり分類したりするのが好きだと思うので
カッコイイ敵(怪獣うや怪人)が、わんさか一杯いたほうが嬉しいと思うのですー。
私は女ですが、子供の頃、ヒーロー番組を見たり、怪獣図鑑などを好んで見ていたので
悪役のキャラクターには思い入れがあるんですーー(^^)
奥様もヒーロー番組が好きになるといいですね!
[ 2006/02/08 14:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿










コメントを秘密にする(管理者に対してのみコメントする)
この記事のトラックバックURL


 前回の予告の時、最終回は「おろち」は割愛して「数年後」とかやるんじゃないだろうな。 京介は鬼になり、明日夢は医者になるんじゃないだろうな。と思っていたらそのまんまだ った。肝心の決戦シーンを割愛して数年後っていうのは「クウガ」と同じパターンじゃん。 お
[2008/12/28 20:59] 世界は変だ
☆TBさせていただきます☆この気持ち醒める前に『仮面ライダー響鬼』の総評を書きます!
ブログ内検索
タグクラウド

新着記事&コメント
CalendArchive
只今読書中
モバイル
QR