仮面ライダーや特撮ヒーローで燃えに萌えるブログ!只今NEWSとテゴマスの増田貴久クンにも夢中

仮面ライダー×仮面ライダー 鎧武&ウィザード 天下分け目の戦国MOVIE大合戦 

「仮面ライダー×仮面ライダー 鎧武&ウィザード 天下分け目の戦国MOVIE大合戦」
見てきました~(^^)

ウィザード編の物語が綺麗で儚くて切なくてロマンチックで素敵でした
古き良き少女漫画のような
メインキャストの見せ場もそれぞれキチンとあって良かったです。

鎧武編は、オーズの伊達さん、
Wの照井竜&所長(スリッパじゃなくて草履で突っ込んでたw)のご夫婦、
フォーゼの賢吾やキバの753と色んな人&ライダーが出てて賑やかでした~。
賢吾、髪が黒くなってて相変わらずお顔がモッサリしてて可愛かったv
名護さんは少し老けてた(^m^) 嘘嘘ゴメンなさい!753最高です!



以下、ネタバレの感想が続きます。
ネタバレOKな方のみどうぞ~♪






私はTV本編の鎧武達ライダーの‘ ガキのケンカ ’に心躍らないので、
映画を見ても「う~ん…燃えない…」という感じでした(^^;)
あと、パラレル世界の武将達の合戦、見た目がショボイwww
人が少ないw
ノブナガの教会、書 き 割 りwwww
けど、ノブナガ(バース伊達・岩永さん)は格好良かった!!
(映画ムービー大戦コアでは信長がバースに変身してたよね)

イエヤス役のJOYさんは軽くてチャラくて「殿」に見えなかったな(^^)
異世界を表現するためにワザとそういう‘JOYノリ’で演ったのだろうけど…。
私が鎧武にハマれない要因は、そういう、事態を深刻に見せないノリの軽さなんだよな~。今後のために今は意図的に軽く薄いノリにしてるのだろうけど


私が鎧武という物語の中で一番違和感を感じてるのは、ダンスチームの抗争。
映画でも冒頭にダンスシーンが出てくるけど、でもこれは見栄えがして良かった。
一昔前の小劇場の芝居のオープニングみたいだ!(笑)
あの女の人たちはライダーガールなのかな?
1組、剣舞を舞ってたチームがいたけど、気になるなぁ~~
ソードパフォーマンス集団『偉伝或~IDEAL~』かと思っちゃった!
パンフを見たらTHE JACABAL'S さんでした!



脚本の段階では「戦国自衛隊」みたいな血生臭いシリアスな話なんじゃないかな~?
迷い込んだ世界は血みどろの戦国時代で、主人公は死んだ武神の代わりにさせられる。
一方、戒斗(バロン)は新勢力を作って合戦に参戦してるというw 戒斗、順応しすぎw
けど戒斗にはこの世界のほうが合うかも。
そして戒斗のもとに舞が。
 (あー、この二人、恋愛フラグが立ちそうで気になるー)


敵が御神木(大きな木)と同化して巨大敵となるのも興味深い。
ユグドラシルが鎧武の敵になるということを暗にしるしているんだよね?


今回、ウィザード編でも鎧武編でも「はっ」とさせられたのは仁藤。
‘作り事’を本物に変える演技をしていたと思う。
画面に居る時の安定感もすごいし、コミカルとシリアスのバランスも抜群。


ウィザード編は美しくまとまっていて満足。
TV本編の晴人とこよみの関係が恋愛なのか、兄妹的な肉親の情なのか、友愛なのか、
なんだかハッキリしない感じだったけど、
映画を見て、その全部ひっくるめた関係だったのかもなーと思った。
映画の二人の様子は完全に恋愛(悲恋だけど)。
消滅したコヨミが蘇り 害をなす存在になるが,晴人の愛で元のコヨミに戻り、
心安らかに消滅する。

晴人のアンダーワールドがコヨミとの思い出の場所ばかりで、切なさに震えた!
コヨミの笑顔が晴人の希望。たくさんの笑顔のなかで戦うウィザードに感動。

晴人のアンダーワールドに居るコヨミにホープウィザードリングを預ける展開には
「はぅぅ」となりました~。
美しいかった~~。
ストップモーションの瞬平凛子輪島さんはプルプルしてたけどwww

TV本編では平常心で視聴してたウィザード。こんなにもロマンチックな設定だったんだなぁ~。
関連記事
[ 2013/12/14 22:22 ] 仮面ライダー鎧武 | TB(2) | コメント(0)

コメントの投稿










コメントを秘密にする(管理者に対してのみコメントする)
この記事のトラックバックURL


 年末恒例の仮面ライダーMOVIE大戦シリーズ第5弾。 前作、前々作と良作が続いた本シリーズだが、さすがにネタ切れか、はたまたスケジュールの関係か、所々にどうにもやっつけ的な雰囲気が目立ち、まったくダメダメとは言わないまでも、正直取り立てて観るような部分
劇場版「仮面ライダー×仮面ライダー 鎧武&ウィザード 天下分け目の戦国MOVIE大合戦」を見てきました。 上映終了後に紘汰、戒斗、舞、田崎監督の舞台挨拶がある回を運良く昨日、買えたので見てきました! 前売り券も買い忘れ、ぴあでの発売初日もまだシフトが出てなくて買えなかったんですが、座席が数席残っていたのでKINEZO予約で1800円の映画料金で見ることができました! ぴあだ...
[2013/12/16 22:16] MAGI☆の日記
ブログ内検索
タグクラウド

新着記事&コメント
CalendArchive
只今読書中
モバイル
QR