仮面ライダーや特撮ヒーローで燃えに萌えるブログ!只今NEWSとテゴマスの増田貴久クンにも夢中

【読書メモ】 津本 陽 『忍者月輪』 

津本 陽さんの 『忍者月輪』 読了。

 忍者月輪

信長陣営で暗躍する無双の忍び・伝兵衛。大仕事を成す一方、心通わぬ家族や己の道に虚無を感じている。青年忍者は乱世に何を見出すか



戦国武将の名前がいっぱい出てくるし、地域名もあちこち出てくるし、
登場人物達の話しかたは昔言葉でしかも関西系の方言なので読解しなきゃだし、
で、はじめは読みにくかったけど、
荒木村重の名前が出てきてからは世界観にスーッと入っていけました(^^)
これも大河「黒田官兵衛」を視聴してるからこそ!

今までに読んだことのある忍者モノと違う部分は、
主人公の伝兵衛が神通力を使えるってところ。
遠くの人が見えたり、話を聞けたりして、人の心も読めるし操れる!
今で言う 超能力の使い手。
小説の登場人物としては、かなりのチート。チートキャラ。

けれど、主人公がどんなに凄い超能力の使い手でも、
忍者の仕事しかしないので、X-メンみたいなド派手な展開もシーンも無い(笑)
うっすら予知能力みたいなの能力もあるのに、
信長は本能寺で死ぬし、大好きな主人の村井貞勝も 信長と一緒に死んでしまう。

萌えもある。
伝兵衛も、行動を共にする蕨手も、男前なこと!!
そのうえ互いに互いの心が読めちゃうなんて、萌ええええ

忍者としての生き方、死生観、家族不和に憂う気持ち、部下への信頼、
人としても魅力的な伝兵衛。

は~、忍者ものの実写版が見たいなぁ~~~~!!!
ちなみに伝兵衛は若い頃の佐々木蔵之介はんで、イメージ(^^)
関連記事
[ 2014/07/02 17:13 ] 読書メモ | TB(0) | コメント(0)

[タグ未指定]
コメントの投稿










コメントを秘密にする(管理者に対してのみコメントする)
この記事のトラックバックURL


ブログ内検索
タグクラウド

カテゴリー
イラスト
新着記事&コメント
CalendArchive
只今読書中
モバイル
QR
コレ


フェリシモ「コレクション」