仮面ライダーや特撮ヒーローで燃えに萌えるブログ!只今NEWSとテゴマスの増田貴久クンにも夢中

【読書メモ】 平田オリザ「幕が上がる」 

平田オリザさんの「幕が上がる」読了~♪

幕が上がる

自分が演劇部だった頃を思い出しながら楽しく読めました!!
本番のドキドキハラハラ感や、
地区大会と県大会の間に起こる中弛みや葛藤や不安、
小説全部に共感しながら読み進めました~~。

高校演劇部を描いた小説は、
イケテツさんの「行け!男子高校演劇部」と
前田司郎さんの「濡れた太陽 高校演劇の話」を読んだことがあります。
上記2冊と「幕が上がる」の違いは、地区大会・県大会などの描写。
「幕が~」は、かなりリアルでした。

読後、わび助の実写化は誰だろう?と速攻ググったのですが、
ももクロ主演の映画にわび助は出て来ないみたいです(^^;)
みんな女子ばっか。
んじゃ、エピローグに超絶美少女は出てこないのかぁー。
いや小説と映画は別の作品と思って見るので全然いいんですけどね。
けど、わび助がいいキャラだったから、見てみたかったなぁーーー
わたし、演劇男子が大好きなので、是非見たかった!わび助!

国語の滝田先生を志賀廣太郎さんが演じるというので、
俄然テンションが上がっております!!!
溝口先生がムロさんてところもピッタリ~~☆
吉岡先生は黒木華さん(^^) すてきすてき~。

映画も観たいと思います!!




幕が上がる (講談社文庫) 幕が上がる [Blu-ray]
関連記事
[ 2015/01/28 21:14 ] 読書メモ | TB(0) | コメント(0)

[タグ未指定]
コメントの投稿










コメントを秘密にする(管理者に対してのみコメントする)
この記事のトラックバックURL


ブログ内検索
タグクラウド

カテゴリー
イラスト
新着記事&コメント
CalendArchive
只今読書中
モバイル
QR
コレ


フェリシモ「コレクション」