仮面ライダーや特撮ヒーローで燃えに萌えるブログ!只今NEWSとテゴマスの増田貴久クンにも夢中

【加藤シゲアキさん】『Burn.-バーン-』文庫化! 

シゲ先生が書いた『Burn.-バーン-』が
7月25日に文庫化するとのこと!
わーい!!おめでとうございます!!
7月はシゲ祭りですね~~!!
7月11日が30歳のお誕生日で、
7月20日がNHK「いのちのうた2017」のMC!大役!!
7月25日に文庫『Burn.-バーン-』発売!!

文庫本の装丁はどんな感じになりますかね~?
ハードカバー本と文庫本の
装丁デザインが違うところも
楽しみのひとつですよね(*^-^*)

   ピンクとグレー (角川文庫)


  閃光スクランブル (角川文庫)


  
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Burn.-バーンー (角川文庫) [ 加藤 シゲアキ ]
価格:604円(税込、送料無料) (2017/6/7時点)




ハードカバー本は購買ターゲットの女性を意識した可愛らしさのあるデザインになっていて、文庫本は誰でも手に取れるシンプルなデザインにしてある感じ~。

Burn 文庫本も、炎をイメージした色味になるのかな?(^^)
物語の内容を考えると、可愛らしさを無くして、ラジカルさやエキセントリックさを足した表紙にしても合いそう。

あー!楽しみですねー!


私が読んだシゲ先生の小説の感想は以下の通りとなっております。

「傘を持たない蟻たちは」感想

「Burn.‐バーン‐」感想

「閃光スクランブル」 感想

「ピンクとグレー」感想


2作目の閃光スクランブルが文庫化される頃に処女作のピングレの映画化が話題だったけど、3作目バーン文庫発売のあたりで閃光スクランブル映像化の発表とかあったら嬉しいのになー!!映像化して欲しいなー!サスペンス仕立てにしてTVドラマ化とか いいなぁ~。見たいなぁ~。
私が見たい配役はヤサぐれカメラマン・長瀬くん、その妻・はるさん、アイドル・まいやん、大御所のマネ役はナイツ土屋さん。

バーンを映像化するとしたら内容的に映画だよなー。バ-ンはシゲ主演がいいなぁ~。そんで子供時代は藤本哉太きゅんが演じて欲しいなー。でも藤本くんは今13歳か~。
あ~、楽しい~。シゲ作の小説をもとに色々脚色したり、勝手にキャスティング考えるの楽しいー!
シゲのお話、好きーーー。

シゲ先生が書いた脚本でNEWS4人が演ずる「4人芝居」も是非 実現させて欲しいですー!!









Burn.-バーン- (角川文庫)
加藤 シゲアキ
KADOKAWA (2017-07-25)
売り上げランキング: 466


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Burn.-バーンー (角川文庫) [ 加藤 シゲアキ ]
価格:604円(税込、送料無料) (2017/6/7時点)





関連記事
[ 2017/06/07 17:37 ] 増田貴久くん | TB(0) | コメント(0)

コメントの投稿










コメントを秘密にする(管理者に対してのみコメントする)
この記事のトラックバックURL


ブログ内検索
タグクラウド

カテゴリー
イラスト
新着記事&コメント
CalendArchive
只今読書中
モバイル
QR
コレ


フェリシモ「コレクション」